おばさん「最近お母さんはどうしたの?」 自分「手紙置いておでかけしたよ」 おばさん「えっ」 → 母、失踪してた

sk2ch
修羅場
220 : おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/11/26(水) 15:36:02.40 ID:JyV7B+bF.net
私が7歳の頃の話。
父親が単身赴任で、私は母親と暮らしていた。
母親は自分の事は自分で、という教育方針で、幼稚園の頃から自分の靴下や下着はお風呂入った時に手洗いするとか、小学校に入ってからはお米を研いでご飯を炊くとか、お風呂洗ってお湯を溜める位の家事をお手伝いの範囲内でやらされていました。
電子レンジの使い方も温める位の事は出来ていました。

そして住んでいる所が商店街を抜けた所にあったので、一人でおつかいに行くとお店のおじちゃんやおばちゃんが「あら◯子ちゃん、おつかい?えらいねー。」とおまけしてくれたりする場所に住んでいました。

ある日、家に帰ると母親がおらず置き手紙がありました。
その手紙には「おかあさんはおでかけしてきます。」と書かれていて、今日はどこで何を買う、明日はどこで何を買う。と指示が書かれていて、単純な私はそれに従って買い物をして、やはり手紙に書いてあった通り、冷凍してあったご飯を食べていました。

それをしていたのは二日三日だと思うのですが、大人には違和感を感じたんでしょう。
揚げ物屋のおばちゃんに「○子ちゃん、おかあさんは?」と聞かれ、馬鹿正直におでかけ!お留守番なの!と答えると、そのままお店に引きとめられて、おばちゃんの呼んだ近くの交番のお巡りさんとおばちゃんで家に帰り、手紙を見たお巡りさんがどこかへ電話をして、私は保護されました。

夜遅くに父親がやって来て、大泣きしながら私を抱きしめてくれたのを覚えてます。
結果的に母親は失踪。母方の祖父母にも何も言わず今でも行方不明です。
私はしばらく少し離れた父方の祖父母の家に預けられましたが、その後こちらに戻ってきた父親と住むようになりました。

母親に会いたいな、さみしいなと思った事もありましたがそれ以上に父親が愛情たっぷりに育ててくれ、今日私は20歳になりました。

大人になるにしたがっていろいろ考えてしまいたまに内心修羅場になりますが、考えても仕方ない事はあまり考えず生きていこうと思っています。

PickUp!

224 : おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/11/26(水) 15:51:45.66 ID:EoFZbZp1.net
揚げ物屋のオバちゃんGJだな こういうのが「地域で育てる」だよ
226 : おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/11/26(水) 16:37:08.80 ID:+Ak76Z44.net
>母親は自分の事は自分で、という教育方針で幼稚園の頃から自分の靴下や下着はお風呂入った時に手洗いするとか、小学校に入ってからはお米を研いでご飯を炊くというとかお風呂洗ってお湯を溜める位の家事をお手伝いの範囲内でやらされていました。
>電子レンジの使い方も温める、位の事は出来ていました。

いつかこうやって出て行く時の為にそう育てた、とか勘ぐってしまう。
228 : おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/11/26(水) 18:48:34.44 ID:jdUJxo7K.net
誕生日、おめでとう!
241 : おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/11/26(水) 23:36:24.76 ID:PBQ0i2Vu.net
>>220です。ID変わってたらごめんなさい。
お誕生日おめでとうをありがとうございました!
高校卒業したあたりから色々思うところはあったのですが、大学入って色んな人と出会って、母親はいなくなったけれど周りの人に支えられて生きてこれたのは幸せな事だな、と思うようになりました。
事情を知った近所の同級生のお母さん達や商店街の方、先生方が大きな事から小さい事まで気にかけてくれたおかげで今の私があると言っても過言では無いんじゃないかと思います。
本当に地域に育てられたのだ、と。

母親が私に家事を教えたのは、多分間違いなく失踪する為だったと思います。
思えば、父親が単身赴任になった直後あたりから洗濯を教わったり、一人でお風呂に入るように言われましたし、料理も教わる年齢には早いかな、と今になっては思います火事やガス漏れの危険もあった筈なのに。
そもそも私が小さく、幼稚園から私立の付属校だった訳でも無いのに父親が国内に転勤なのに単身赴任ておかしくない?とも。

今となっては真相は闇の中ですが、いない人や過ぎた事をどうのこうの言っても仕方ないので、私はこの感謝を忘れずに生きて行きたいと思っています。
sk2ch: 突然ですがおすすめの記事を紹介します
コメントの反映に時間がかかる場合があります。

カテゴリー: 

ランダム記事PickUp!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

週間ランキング